妊婦さんための情報ブログ

妊娠中の肌荒れの原因は?妊婦さんの肌荒れ対策について

 
この記事を書いている人 - WRITER -
3度の妊娠経験を持つ30代主婦。 現在は子育て中心の生活を送っている。 超平和主義。好きな言葉は「終わり良ければすべて良し」

妊娠中の悩みでよくあるのが「肌荒れ」。

私も妊娠中、肌荒れに悩んだ経験があります。

今回はそんな妊娠中の肌荒れについて調べてみました。

妊娠中の肌荒れの原因

妊娠中の肌荒れの最大の原因は「ホルモンバランスの乱れ」と言われています。

妊娠中は、エストロゲン、プロゲステロンなどの女性ホルモンが増加するため、ホルモンバランスが大きく変化するのです。

このホルモンバランスによって、妊婦の体は出産に向けて大きく変わっていくのです。

特にプロゲステロンによりいわゆる「生理前のお肌」、代謝が鈍り、お肌のコントロールがしづらくなるのです。

プロゲステロンについて

妊娠中はとっても大切なプロゲステロンですが、マイナートラブルも引き起こします。

シミが増える?!

プロゲステロンはシミの元となる色素細胞を活性化させてメラニンを作り出す働きもあり、シミや黒ずみができやすくなります。

便秘になりやすくなる?!

おなかの赤ちゃんが流産などしないように、子宮や胃腸の動きを鈍くする働きがあるため、結果便秘になりやすくなります。

その他の肌荒れの原因

つわり

つわりで食べ物が食べられず栄養不足になり、肌荒れを起こすこともあります。

ストレス

妊娠すると妊娠前にしていたことに制限がかかる場合も多く、結果ストレスにより肌荒れとなる場合もあります。

妊婦さんの肌荒れ対策

スキンケアを低刺激のものにする

妊娠して乾燥肌になった、逆にオイリーになった、など人によってさまざまですが、刺激の少ない無添加・無香料のスキンケアに変えるのもおすすめです。



↑トラブル肌におすすめです(^^)/

紫外線対策をする

紫外線は肌の刺激になります。外出時は帽子をかぶる、そして日焼け止めはSPF値の弱いものをこまめに塗るのがおススメです。

便秘には水分補給が大切

便秘対策もいろいろとありますが、1番大切なのはやはり水分補給です。適度にこまめに水分補給をしましょう。

バランスの良い食事

妊娠中に限らず、肌荒れ対策としての基本は食事です。栄養バランスを考えた食事を心がけることが大切です。

しっかり睡眠をとる

これも肌荒れ対策の基本ですが、夜更かしなどせず、質の良い睡眠をすることが大切です。

市販薬の使用はやめて!

ドラッグストアにいくと様々な肌荒れに効くお薬が置いてありますが、自己判断で使用するのはNGです!

どうしても使用したい場合は必ず産婦人科の医師に相談しましょう。市販薬に限らず、サプリメント・漢方も同様です。

ひどい場合は皮膚科を受診しましょう

肌荒れがひどい場合は皮膚科を受診しても問題ありません。

その場合は必ず皮膚科の医師に妊娠していることを伝えましょう。

肌荒れはすぐには改善しません

肌荒れは1日や2日で改善することはありません。気長にケアしていくことが大切です。

ゆったりとした気持ちで毎日のケアをしたいものですね(^^)

私の場合は3回の妊娠中、1人目は妊娠中肌荒れがひどく、出産後に落ち着き、2人目・3人目は妊娠中はきれいなお肌で産後に肌荒れ、というパターンでした。

性別は女・男・男です。もしかしたら性別も関係あるのでしょうか・・・(あくまで個人の経験です)

※調べてみましたがお腹の赤ちゃんの性別と肌荒れは科学的な根拠はないようです。ご参考までに。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
3度の妊娠経験を持つ30代主婦。 現在は子育て中心の生活を送っている。 超平和主義。好きな言葉は「終わり良ければすべて良し」

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 妊婦応援.com , 2018 All Rights Reserved.