妊婦さんための情報ブログ

妊娠中にしておきたい歯の治療のこと。虫歯の程度や治療法について。

 
この記事を書いている人 - WRITER -
3度の妊娠経験を持つ30代主婦。 現在は子育て中心の生活を送っている。 超平和主義。好きな言葉は「終わり良ければすべて良し」

妊娠・妊娠していないに関わらず大切なこと、

「虫歯の治療」

妊娠中はつわりで口腔環境が悪くなったり、ついつい歯のことにおろそかになりがちです。

今回は歯の治療と、妊婦さんの虫歯について書いていきたいと思います。

補足ですが、私は歯科での勤務経験があります。

虫歯かな?

虫歯は程度にもよりますが自覚症状があります。

冷たいものや甘いものがしみたり、進行すると歯に穴があきます。

穴が開くとそこに食べ物が詰まり、さらに虫歯が進行します。

進行すると痛みに変わり、思うように食事が出来なくなったり、痛みにより日常生活に支障をきたします。

妊娠中は特に注意が必要です。

知覚過敏といって虫歯ではなくても冷たいものがしみる症状もあります。

歯科受診の時期

自覚症状があれば迷わず歯科を受診したいものですが、妊娠時は時期を選ぶことが大切です。

妊娠初期はつわりや長時間同じ体制でいることがあまりよくないので、できれば安定期と言われる妊娠中期に治療に通うのがベストです。

妊娠後期は後期づわりやお腹がせり出してくることによって、あお向けの体制がつらくなることが多いので避けましょう。

虫歯の症状がかなり重く進行している場合には歯科または産婦人科に相談をし、医師の指示に従いましょう。

治療の流れ

知覚過敏

歯は削らずに、知覚過敏のお薬を歯に塗布して様子をみます。1度で終了ではなく日をまたいで何度か塗布して様子をみます。

軽度の虫歯

軽く穴のあいた程度の虫歯は、少し削り歯質の柔らかくなった部分を取り除いてから、レジンという歯に近い色の樹脂をつめて終了です。1度の治療で終わりますが、経過を観るためにもう一度受診する場合もあります。

中度の虫歯

穴が開いて痛みがあり、神経まで達している虫歯は麻酔をしてからの治療になります。妊娠中であっても歯の麻酔はもんだいありません。場合によっては神経の除去にもなります。最終期には金属や硬質のプラスチックでかぶせものをする処置になります。治療回数は程度にもよりますが、最低でも半月、長くても1カ月くらいはかかります。

重度の虫歯

痛みを通り越し歯の根まで達している、歯の原型をとどめていない歯は抜歯となります。妊娠中でも問題ありませんが程度によりできない場合もあります。

レントゲンは大丈夫?

歯のレントゲン撮影も放射線をガードする防護服を着用しますので安心です。そもそも歯のレントゲンなので放射線量も少なく、直接お腹にあてるわけではないので問題ないと言われています。歯科受診の際は必ず妊娠の有無を伝えましょう。

歯科勤務をしていて思ったこと

私が歯科で働いている時も妊婦さんは来ました。やはり普通の患者さんよりも気を使います。

私はその当時は妊娠の経験がなかったので、「産気づいたらどうしよう」とか「おえっ・・ってなったらどうしよう」とか考えてしまいました。

かなり大きめのお腹で治療に来ていた妊婦さんもいたのですが、かなり気を使った記憶があります。

ですがどの妊婦さんも何のトラブルもなく治療を終えていましたよ(^^♪

つらい体制や出来ないことなどスタッフや医師に正直に話してもらえるととても助かります(^^♪

一番大切なこと

まずは何といっても歯みがきが一番大切なんですね。

歯磨きをしっかりすることである程度虫歯は防げます。

何よりも妊娠する前に全ての虫歯の治療を終えることが大切なんですが・・・

そして虫歯を放置しないようにする、ということです。

出産時に歯を食いしばる時に虫歯があると思うように力が入らなかったりします。歯はそれほど大切なんですね。

まとめ

出産後は赤ちゃんのお世話で歯の治療に行くのはさらに難しくなります。

妊娠中に虫歯に気づいたらなるべく早く治療に行くことをお勧めします。

最後までお読みいただきありがとうございました(^_-)-☆

この記事を書いている人 - WRITER -
3度の妊娠経験を持つ30代主婦。 現在は子育て中心の生活を送っている。 超平和主義。好きな言葉は「終わり良ければすべて良し」

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 妊婦応援.com , 2018 All Rights Reserved.