妊婦さんための情報ブログ

妊娠線はどうしてできる?クリームはいつから塗ればいい?予防と対策

 
この記事を書いている人 - WRITER -
3度の妊娠経験を持つ30代主婦。 現在は子育て中心の生活を送っている。 超平和主義。好きな言葉は「終わり良ければすべて良し」

妊婦さんの疑問によくある妊娠線についてですが、私も対策してました(^^)/

多くの妊婦さんにできてしまう妊娠線。予防のためにできるケアの方法をまとめました。

妊娠線ができるのはお腹が急に大きくなるため

妊婦さんの子宮は赤ちゃんが成長するに従いどんどん大きくなっていきます。

と同時にお腹の皮膚も伸びることになります。

皮下組織が追い付かずに亀裂ができてしまうんです。これが妊娠線なんです。

かゆみを伴うこともあります

お腹だけではなく、胸やおしりやふとももなどに出ることもあります。

妊娠していなくても急激に体重が増えたりして皮下脂肪がつくと出ることもあるんですが、主に妊娠中に出るものを妊娠線と言います

産後は目立たなくなるが消えない

妊娠線ができてしまっても出産後少しずつ薄く目立たなくなっていくのですが完全には消えないのです。

妊娠線が出やすい時期は妊娠後期の8カ月頃といわれていますが、早い人では5カ月ごろからできる場合も

いつから対策すればいい?

早ければ早いほど安心です

少しお腹が出てきたかなというくらいが目安でしょう。

口コミで大人気のおすすめクリーム

数々の妊婦さん向け雑誌で紹介され大人気の「AFCマタニティクリーム」は

楽天ランキング1位に輝くほど人気の商品です。

無添加・国産・低刺激でとっても安心です。

マタニティクリームでのケアは朝晩の2回。
AFCのマタニティクリームはさらっとしたベタつかない使用感。

妊婦さんでも安心な精油アロマ(ビターオレンジ)の香り。ふわっと優しい香りで毎日癒しのケアをすることができます。

詳細はこちらをクリック↓
女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

私の体験談

私も最初の妊娠の時はあまり知識がなく、かゆみがでてから対策を始めました。

お腹が大きくなってきた頃のことです。

余談なんですが妊娠線予防に人気のバ●オイルを購入して使用していました。

とっても人気なんですよね。

効果はそれなりでしたが香りが独特で使用を断念しました・・・

ご参考までに・・・( ゚Д゚)

妊娠線予防のための3カ条

急激に太らないようにする

急激な皮下脂肪の増加がそもそもの原因なので、食事に気を付けたり、カロリーを気にしながら急激に体型が変わらないようにしましょう。

適度に運動をして筋力を維持する

皮下組織は筋肉で支えられています。適度な運動で筋力を維持することも大切です。

なりそうな部分をマッサージする

ただマッサージするのではなく、クリームやオイルを使い優しくマッサージして皮膚に浸透させるようにしましょう。

まとめ

妊娠線対策は早い時期からすることが大切なんですね。

個人差があるのであまり悩まない人もいるそうですが、約9割の妊婦さんが経験するといわれています。

しっかりとケアしておきたいものですね(^^♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

参加中です↓(^^♪

にほんブログ村 マタニティーブログ マタニティー情報へ
にほんブログ村


妊娠・出産ランキング

女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム

この記事を書いている人 - WRITER -
3度の妊娠経験を持つ30代主婦。 現在は子育て中心の生活を送っている。 超平和主義。好きな言葉は「終わり良ければすべて良し」

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 妊婦応援.com , 2018 All Rights Reserved.